tokyo2020 post list

  • 新型コロナウイルス感染症で社会がどのように変わるのか?

    wrote by Akihito Ohnishi on 5/6/20 新型コロナウイルス感染症と今後に関する意見をGIA研究部会(gia-nodai.com)でネット対話するようにとのご提案を武原幹事か…
  • 東京の飲食店がコロナに打ち勝つランチェスター戦略

    wrote by Takeshi Akimaru 新型コロナによって多くのサービス業、特に飲食店が倒産しようとしている。 この厳しい状況に、地球上すべての飲食店経営者の誰もが絶望しているのであろうし、自身も神田で15…
  • カリフォルニア通信

    生食用オレンジ貿易の流れ wrote by Ken Hanawa 4/16/20 コロナウイルス感染により、負の影響を受けている方々に心よりお見舞い申し上げます。また、医療関係者の皆様には、ご…
  • ウイルス側から考えてみた

    (wrote by Tai Takehara 4/15/20) 人類の敵になってしまった新型コロナウイルスだが、敵に勝つにはまず敵を知らなくてはいけない。ウイルスは一体何を目的としてこの騒ぎを起こしているのだろう? と…
  • 新型コロナを考える

    生命 x 平等 (wrote by Tai Takehara 4/8/20) 新型コロナに関しては立場によっていろいろな意見があると思いますが、今回の騒ぎが今までと異なる点は地球上すべての人間の生命に平等に影響力を持つ…
  • 新型コロナとグローバリゼーション

    wrote by Tai Takehara 3/29/20 一昔前に新型コロナといえば新しい自動車が発売されたのかと思ったが、この1ヶ月で世界を震撼させる言葉になってしまった。一連のコロナウイルス騒ぎに関する私タケハラ…
  • 情報 x 健康

    Tai Takehara wrote on 3/31/20 日に日にコロナウイルスによる新型肺炎の被害が拡大していますが、こんな時こそ日常の健康の大切さを実感しますしマインドフルネス「心のエクササイズ」の必要性を感じま…
  • 新型コロナウイルス感染症が食料と農業に及ぼす影響

    板垣 啓四郎 世界的規模で深刻な様相を深めつつある新型コロナウイルス感染症COVID-19。パンデミック(感染爆発)が収束するまでには、1年以上を要するのではないかと伝えられ始めてきた。事態はいま始まったばかりなのだ。…
  • 五十而立

    Wrote by Ken Hanawa (1985年農学科卒) 50歳になった時に、一つの目標を立てました。それは、これから毎年、それまで行ったことが無い国に行こうというものです。 今回はエジプトを選…
  • QRコード決済を使った集客方法-PayPayを事例に-

    投稿者:秋丸剛志 QRコード決済3つのポイント 御茶ノ水店のお客様のうち約1/3がPayPayでお支払い。消費税増にともない値上げしたにも関わらず客数増 アプリ版「PayPay for Business」で…

Pickup post

  1. 2020-1-18

    薬用植物による国際協力支援に挑む!

    縁あって、4月から薬用植物(Medicinal Plant)に関わる仕事に就くことになった。折角の機…
  2. 2018-7-11

    南米大陸レポート-その①-ボーダー

    wrote by Tai Takehara. それは一本のLINEから始まりました。去年眼の手術をし…
  3. 2015-4-15

    TPPの取説

    昨年度(H26)より東京農大総合研究所に新設された グローバル情報研究部会の活動がスタートした…
  4. 2018-1-30

    カリフォルニア米はどんだけ美味いか?不味いか?

    それでははじめたいと思います。 最初に講演された、東洋ライスの雑賀社長のお話、薬食同源。食べ物は我…
  5. 2018-5-16

    食農を取り入れた予防医学と機能性食品の可能性

    食の安全性が議題に上がると”安全”が多用されてしまい、ロハス至上主義者による一方通行感、誘導、押し付…
  6. 2019-3-1

    第3回GIAコラボ講演内容-SDGsに向かって-

    第3回 GIA コラボ 沙漠緑化研究部会 x グローバル情報研究部会コラボシンポジューム 日本沙漠学…
  7. 2015-2-23

    農業の教育と普及の国際化を考える-APEAEN日本支部の立ち位置-

    ASEANは、今年域内の経済共同体(AEC)が結成されます。 ASEAN域内では、貿易と投資の…
  8. 2018-7-28

    東京農業大学の真価

    グローバル情報研究部会メンバーの大西先生が調査した醸造科学科の記事がAERAdot.に掲載されました…
Return Top