admin一覧

  • IMG_1472

    カリフォルニア米はどんだけ美味いか?不味いか?

    それでははじめたいと思います。 最初に講演された、東洋ライスの雑賀社長のお話、薬食同源。食べ物は我々の体の1つ1つの細胞/血肉骨になるわけですから、まさに健康の源ですね。主食のお米で日本人が健康になる。同感です。84歳…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • IMG_7799

    上海素描 その1

    私は西暦2,000年より国際教育プログラムの企画・運営に携わっています。 ここ数年、日本の大学の国際教育プログラムは方面も内容も多岐に渡り年々豊富になって来ていると感じます。一昔前なら『語学力』習得と『先進国から学…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ネパール⑥

    ネパールの農業・農村に活路を探る

    Flight Tourで機中からみたヒマラヤ山脈 東京農業大学 板垣 啓四郎 2017年の夏、ネパールの農村を訪ねた。2013年に初めて同国を訪問したので、今回で2度目の訪問である。前回は、ネパールから来た院生の…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • czMjYXJ0aWNsZSMzNjc2NCMxODgwMDQjMzY3NjRfcVpZU2hwcENQdy5qcGVn

    会津地鶏の普及に関する産学連携プロジェクト

    「幻の地鶏のネギソース弁当」の企画キャンペーン 株式会社みんなの農業 秋丸剛志 -------------------------------------------------------------- 会津…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 図4

    トランプ大統領はなぜ勝てたか

    講演会レポート 6/8/2017 by Toshi Kamazuka 去る6月3日(土)、群馬県前橋市国際交流協会の国際理解講座『エリート・ジャーナリストには伝えられない真実 ~トランプ氏はな…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 990f4c7242fa7b1fe13743a57e2ff0b9_s

    マレーシアにおける日本食品市場と今後の展望

    寺野梨香 マレーシアは東南アジアの中でもシンガポールに次いで平均所得の高い新興国のひとつであり、マレーシア人消費者の購買力が高まるなか、その食品市場が注目されるようになっている。日本食ブームとも相まって日本食品への…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • DSC_0121

    「グローバルの壁、TPPの和」から「グローバルの和、トランプの壁」へ

    wrote by T.Takehara on 4/1/2017 昨年(2016年)の5月に世田谷の東京農大アカデミアホールにある横井時敬記念講堂で行われた「農大総研グローバル情報研究部会x醸造部会」コラボ講演会で「…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    カンボジア稲作主要地帯にある農村への調査

    はじめまして。GIA学生会員の高橋です。私はカンボジアを対象に稲作経営研究をしています。今回は3年前に調査を実施した稲作主要地帯にある農村への再調査を目的にカンボジアへ3か月滞在してきました。 カンボジア滞在中は留…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • スライド1

    Enhanced Role of Small Farm:Sustainable Model for Agriculture

    *下記画像をクリックすると、画像が拡大されます。 …
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 図4

    アメリカ出張報告書

    筆者(農大総研GIA 大門 龍博)はこのたび、アメリカ合衆国西海岸で水産品の試験販売にたずさわる機会を得ましたので、当研究会会員の皆様に報告を致します。 本試験販売は農水産物の輸出拡大を目指す日本政府の計画の一環で…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

Translate

News

  1. IMG_3337
    wote by Tai Takehara. それは一本のLINEから始まりました。 去年眼の…
  2. アメリカ1
    本年3月にヨーロッパ(パリ、リスボン、マドリッド、ロンドン)の米消費調査を行った。今回は、一般消費者…
  3. SW087_L
    食の安全性が議題に上がると”安全”が多用されてしまい、ロハス至上主義者による一方通行感、誘導、押し付…
  4. IMG-9392
    2018-5-4 ベトナム素描 その1 21世紀の“日いづる国”は?…
  5. スライド1
ページ上部へ戻る