Archive for the ‘ English ’ Category

  • My name is Yuki Takahashi. I’m very glad to participate in GIA activities as active member of GIA

    My name is Yuki Takahashi. I’m very glad to participate in GIA activities as active member of GIA. I’m studen…
  • 4.25ネパール地震

    i landed safely in In kathmanedu last  Thursday but i was not able to use internet due to the lack of electric…
  • アメリカ家族農業の歴史と今日的意義(3)-「家族農業の運命」を中心に(2011発表)-

    アメリカ家族農業の歴史と今日的意義(2)-「家族農業の運命」を中心に(2011発表)-はこちらを✓ 7.アグラリアニズム (第3章より) 「今日の都市環境にある産業文化では、多くの人が農業と日常的な関わり…
  • アメリカ家族農業の歴史と今日的意義(2)-「家族農業の運命」を中心に(2011発表)-

    アメリカ家族農業の歴史と今日的意義(1)-「家族農業の運命」を中心に(2011発表)-はこちらを✓ 4.独立自営農民ヨーマン―18-19世紀― (第1章より) ヨーマン(yeoman)とは、 元来16-…
  • アメリカ家族農業の歴史と今日的意義(1)-「家族農業の運命」を中心に(2011発表)-

    1、はじめに アメリカで見直される小規模農場-「行動の時」の背景と意義(2001年発表) そこでは、1998年にアメリカ農務省の小規模農場に関する委員会が提出した 「行動の時」というレポートの背景と意義について考察し…
  • アメリカで見直される小規模農場(2)-「行動の時」の背景と意義(2001年発表)-

    アメリカで見直される小規模農場(1)-「行動の時」の背景と意義(2001年発表)-はこちらを✓ ■ 2-3 小規模農場の公的価値 本委員会は小規模農場の持つ多様な公的価値を次のように認めています(「第…
  • アメリカで見直される小規模農場(1)-「行動の時」の背景と意義(2001年発表)-

    1、はじめに アメリカの農場数は、第二次世界大戦以降速度を緩めながらも減少をつづけています。 一方で小規模な農場が吸収・合併された結果、 平均農場面積は拡大傾向が継続しています。 1997年の総農家数は206万戸、 …
  • Food problem of Korean

    TOP >> world information >> Food problem of Korean 1.Meat of consumption Consumptions of the…
  • characteristics of Nepal agrriculture

    TOP >> world information >> characteristics of Nepal agrriculture Nepal is divided in to three …

Pickup post

  1. 2023-10-13

    ガーナ北部における環境再生型農業の研究開発

    板垣啓四郎(日本財団特別顧問) サハラ以南アフリカの人口は2022年に11億5,200万人で…
  2. 2023-10-8

    バージニア工科大生 夏季日本留学プログラム 東京散策の巻

    23年7月末から約一か月間、アメリカ南部バージニア州の名門大学バージニア工科大(Virginia …
  3. 2023-3-9

    バージニア工科大訪問 日本語学習 報告

    23年2月末、アメリカ南部バージニア州の名門大学『バージニア工科大(Virginia Tech U…
  4. 2023-3-4

    第7回GIAコラボ 「SAM x GIA」 科学的経営と農業

    SAM=Society for Advancement of Management は100年前に…
  5. 2023-3-2

    グローバル・キャリアプログラム/シドニー視察報告

    23年2月、キャリアセンター職員・後藤光輝氏と共にオーストラリア・シドニーを視察訪問。 これ…
Return Top