Archive for the ‘ English ’ Category

  • My name is Yuki Takahashi. I’m very glad to participate in GIA activities as active member of GIA

    My name is Yuki Takahashi. I’m very glad to participate in GIA activities as active member of GIA. I’m studen…
  • 4.25ネパール地震

    i landed safely in In kathmanedu last  Thursday but i was not able to use internet due to the lack of electric…
  • アメリカ家族農業の歴史と今日的意義(3)-「家族農業の運命」を中心に(2011発表)-

    アメリカ家族農業の歴史と今日的意義(2)-「家族農業の運命」を中心に(2011発表)-はこちらを✓ 7.アグラリアニズム (第3章より) 「今日の都市環境にある産業文化では、多くの人が農業と日常的な関わり…
  • アメリカ家族農業の歴史と今日的意義(2)-「家族農業の運命」を中心に(2011発表)-

    アメリカ家族農業の歴史と今日的意義(1)-「家族農業の運命」を中心に(2011発表)-はこちらを✓ 4.独立自営農民ヨーマン―18-19世紀― (第1章より) ヨーマン(yeoman)とは、 元来16-…
  • アメリカ家族農業の歴史と今日的意義(1)-「家族農業の運命」を中心に(2011発表)-

    1、はじめに アメリカで見直される小規模農場-「行動の時」の背景と意義(2001年発表) そこでは、1998年にアメリカ農務省の小規模農場に関する委員会が提出した 「行動の時」というレポートの背景と意義について考察し…
  • アメリカで見直される小規模農場(2)-「行動の時」の背景と意義(2001年発表)-

    アメリカで見直される小規模農場(1)-「行動の時」の背景と意義(2001年発表)-はこちらを✓ ■ 2-3 小規模農場の公的価値 本委員会は小規模農場の持つ多様な公的価値を次のように認めています(「第…
  • アメリカで見直される小規模農場(1)-「行動の時」の背景と意義(2001年発表)-

    1、はじめに アメリカの農場数は、第二次世界大戦以降速度を緩めながらも減少をつづけています。 一方で小規模な農場が吸収・合併された結果、 平均農場面積は拡大傾向が継続しています。 1997年の総農家数は206万戸、 …
  • Food problem of Korean

    TOP >> world information >> Food problem of Korean 1.Meat of consumption Consumptions of the…
  • characteristics of Nepal agrriculture

    TOP >> world information >> characteristics of Nepal agrriculture Nepal is divided in to three …

Pickup post

  1. 2019-3-1

    第3回GIAコラボ講演内容-SDGsに向かって-

    第3回 GIA コラボ 沙漠緑化研究部会 x グローバル情報研究部会コラボシンポジューム 日本沙漠学…
  2. 2015-2-23

    農業の教育と普及の国際化を考える-APEAEN日本支部の立ち位置-

    ASEANは、今年域内の経済共同体(AEC)が結成されます。 ASEAN域内では、貿易と投資の…
  3. 2018-7-28

    東京農業大学の真価

    グローバル情報研究部会メンバーの大西先生が調査した醸造科学科の記事がAERAdot.に掲載されました…
  4. 2020-1-18

    薬用植物による国際協力支援に挑む!

    縁あって、4月から薬用植物(Medicinal Plant)に関わる仕事に就くことになった。折角の機…
  5. 2018-5-16

    食農を取り入れた予防医学と機能性食品の可能性

    食の安全性が議題に上がると”安全”が多用されてしまい、ロハス至上主義者による一方通行感、誘導、押し付…
  6. 2018-1-30

    カリフォルニア米はどんだけ美味いか?不味いか?

    それでははじめたいと思います。 最初に講演された、東洋ライスの雑賀社長のお話、薬食同源。食べ物は我…
  7. 2018-7-11

    南米大陸レポート-その①-ボーダー

    wrote by Tai Takehara. それは一本のLINEから始まりました。去年眼の手術をし…
  8. 2015-4-15

    TPPの取説

    昨年度(H26)より東京農大総合研究所に新設された グローバル情報研究部会の活動がスタートした…
Return Top