1. 2016/1/8

    japan information

    日本の食料・農業・農村

  2. 2015/3/1

    English

    アメリカ家族農業の歴史と今日的意義(3)-「家族農業の運…

  3. 2015/2/27

    English

    アメリカ家族農業の歴史と今日的意義(1)-「家族農業の運…

  4. 2015/6/11

    japan information, other information

    アグリ知財とその活用が日本と世界の農業の未来を変える!?…

Recent postArchives

Pick up

world informationArchives

2021/2/20

コロナ・パンデミックのなかでグローバル・フードバリューチェーンはどう動…

板垣啓四郎 コロナ・パンデミックが食品関連企業のグローバル戦略にどのような影を落と…

japan informationArchives

2021/4/5

農学は何を目指して進むのか「農学の門をたたく君へ」

板垣啓四郎  私たちは、どうして農業、農村、食料を対象に農学を拠りどころにして、そ…

other informationArchives

2021/3/26

Green & Global

By Tai Takehara on 3/24/21 農大総研GIA/グローバル情…

Pickup post

  1. 2018-7-11

    南米大陸レポート-その①-ボーダー

    wrote by Tai Takehara. それは一本のLINEから始まりました。去年眼の手術をし…
  2. 2015-2-23

    農業の教育と普及の国際化を考える-APEAEN日本支部の立ち位置-

    ASEANは、今年域内の経済共同体(AEC)が結成されます。 ASEAN域内では、貿易と投資の…
  3. 2018-1-30

    カリフォルニア米はどんだけ美味いか?不味いか?

    それでははじめたいと思います。 最初に講演された、東洋ライスの雑賀社長のお話、薬食同源。食べ物は我…
  4. 2018-5-16

    食農を取り入れた予防医学と機能性食品の可能性

    食の安全性が議題に上がると”安全”が多用されてしまい、ロハス至上主義者による一方通行感、誘導、押し付…
  5. 2020-1-18

    薬用植物による国際協力支援に挑む!

    縁あって、4月から薬用植物(Medicinal Plant)に関わる仕事に就くことになった。折角の機…
  6. 2018-7-28

    東京農業大学の真価

    グローバル情報研究部会メンバーの大西先生が調査した醸造科学科の記事がAERAdot.に掲載されました…
  7. 2019-3-1

    第3回GIAコラボ講演内容-SDGsに向かって-

    第3回 GIA コラボ 沙漠緑化研究部会 x グローバル情報研究部会コラボシンポジューム 日本沙漠学…
  8. 2015-4-15

    TPPの取説

    昨年度(H26)より東京農大総合研究所に新設された グローバル情報研究部会の活動がスタートした…
Return Top