「グローバルの壁、TPPの和」から「グローバルの和、トランプの壁」へ

  • 2017/4/2
  • Comments Off on 「グローバルの壁、TPPの和」から「グローバルの和、トランプの壁」へ

wrote by T.Takehara on 4/1/2017

昨年(2016年)の5月に世田谷の東京農大アカデミアホールにある横井時敬記念講堂で行われた「農大総研グローバル情報研究部会x醸造部会」コラボ講演会で「グローバルの壁、TPPの和」と言う題で講演させて頂いた。講演者が良かったせいかコラボは大成功で、以来 “グローバル醸造研究” と称して世界中を利き酒して周っている者がおるようだが、なかなか喜ばしいことである。
今後もグローバルであらゆる縦割りを繋げて “&”の相乗効果を生んで行きたいと思うが(私はいつか「グローばる」という言葉が動詞として日本語の国語辞典に載ると思っている)、あれから10ヶ月の間に世の中の風向きは少し変わって来た。イギリスはユーロ同盟から離脱すると決め、アメリカ合衆国では政権が代わって民主党からへ共和党になり、朝鮮半島では65年前に度朔さに紛れてクーデターを起こしそれぞれ北と南を乗っ取ったその子孫達が抹殺された。果たして、私達のこのグローブ号は何処へ向かっているのだろうか?世界のあちこちで酔っ払ってきた者が考える近未来のグローバルを文章にしてみたいと思う。
皆さん「SETI」と言う言葉をご存知だろうか。SETIとは、”Seach for Extra-Terrestrial Intelligence” の略である。そう、地球外知的生命体探査、つまり、宇宙人を探そうと言うわけだ。インベーダーだUFOだと昔から人々の好奇心を刺激して来た宇宙人だがそろそろ姿を現わすかも知れない。ひょっとしたら10 年後我々地球内生命体はETIと友達になっているかも知れない。

E8408ABF-FF2B-4046-8221-444A9D7F1AD0

先日、日本で福井県に行って来た。福井駅前にはよく知られているように恐竜がいて首と尻尾を振っているが、その向かい側にパビリオンと言うガラス張りの建物がある。その5階にセーレンプラネットと言う博物館があって8Kのドームシアタープラネタリウムもある宇宙・天文の自然史博物館(確かに星空こそ最も長い歴史を持つ大自然だ)になっている。どちらがパクったかは知らないがロサンゼルスにあるグリフィス天文台の新装リオープンした天文台博物館と展示の仕方がよく似ている。その説明するところによると、電波は光の無いところ(真っ暗な所)も観測できるので今流行りのブラックホールやダークマターの謎を解明してくれるのでは無いかと期待されているが、なんでも、電波を宇宙に向かって発信してその信号を理解して銀河系の外から返信してくるかも知れない地球外知的生命体を探している人達がいるらしい。

IMG_8733

IMG_8737

今私達はグローバルか反グローバルかなどと言っているが、これからは地球みたいな星と星が幾つも合わさったグローバルの和がUniversalを通り越して、スケールの大小も時空も超えた “Space”の時代になって行くに違いない。我々はどんな問題に遭遇ようとも解決して行くだろう、トランプ大統領が壁を作ろうとイギリスが内向きになろうと、スペースは繋がっているのだから。

Related post

Comment are closed.

Pickup

  1. 2020-9-28

    菅政権の誕生とわが国農業の方向

    菅政権の誕生とわが国農業の方向 板垣啓四郎  菅政権が誕生して以来、矢継ぎ早に様々な政…
  2. 2020-9-6

    新型コロナウイルス終息に向けて

    By Takeo Sasaki on 09/04/20 ウイルスは細菌と違って細胞を持たない…
  3. 2020-3-29

    新型コロナウイルス感染症が食料と農業に及ぼす影響

    板垣 啓四郎 世界的規模で深刻な様相を深めつつある新型コロナウイルス感染症COVID-19。パ…
  4. 2020-1-18

    薬用植物による国際協力支援に挑む!

    縁あって、4月から薬用植物(Medicinal Plant)に関わる仕事に就くことになった。折角の機…
  5. 2019-3-1

    第3回GIAコラボ講演内容-SDGsに向かって-

    平成31年 2月26日 第3回 GIA コラボ 沙漠緑化研究部会 x グローバル情報研究部会コラ…

News

  1. 板垣 啓四郎 世界的規模で深刻な様相を深めつつある新型コロナウイルス感染症COVID-19。パ…
  2. アルゼンチンやネパールなどから来た留学生とのフリートークは すごく新鮮で楽しかった。 &…
  3. 2018-2-25    私は西暦2,000年より日本の大学向けの国際教育プログラムの企画・運…
  4. (12/9/19 by Tai Takehara) スタートアップが話題になって久しい。新しいアイ…
  5. 1.初代学長の偉大な発明「塩水選種法」 東京農業大学初代学長の横井時敬先生。 実は偉大な…
  6. Flight Tourで機中からみたヒマラヤ山脈 東京農業大学 板垣 啓四郎 2017年の夏…
  7. TOP >> world information >> characteri…
  8. 1、はじめに アメリカの農場数は、第二次世界大戦以降速度を緩めながらも減少をつづけています。 …
  9. December 2015, COP21 in Paris provided sustainable…
Return Top