カリフォルニアの干魃とコメ産業

図4

出所:US Rice Federation

 

カリフォルニアの水不足は、今年も深刻な事態となっていることが最近も見聞きすることが多い。

各種の報道でも、またアメリカ農務省の公表する指標や

「U.S. Drought Monitor」地図などでも、それはわかる。

 

例えば下図は、今年8月後半の全米干魃地図であるが、

西海岸を中心に、特にカリフォルニアは「D4」の最高レベルの干魃予想が出されている。

 

図1 アメリカの干魃地図

図1

出所:USDA, The National Drouht Mitigation Center

 

カリフォルニアの干魃予想をより詳細に地図に落としたものが図2である。

それによると北はチーコのあたりまで、南はロサンゼルスをこえて、

また内陸部はネバダに至るまでの広範囲に干魃予想が出されているのである。

 

いわば、カリフォルニアのセントラルバレー全域に深刻な干魃が予想されていると言って良かろう。

 

ところでこのセントラルバレーは、

カリフォルニアの農業地帯で有り穀物や果樹、野菜等々の生産の中心地帯でもある。

 

特にその北部(サクラメントバレー)では、

TPPの関係で喧伝されている日本向けアメリカ米の生産地として名高い。

アメリカの中粒種米の主要生産地帯である。

 

この水不足傾向は、昨年も同様で、

二年続きの「大干魃」にカリフォルニアは見舞われていることになる。

いや、カリフォルニア農業の場合、恒常的に水不足の問題は大きな課題で有り、

労働力の確保問題と共にカリフォルニア農業の二大課題であるといってもよい。

 

図2 カリフォルニアの干魃地図

U.S. Drought Monitor,2015

California

図2

出所:図1と同じ

 

アメリカから日本に輸出されている中粒種米のほぼすべてが、

コルサ郡やグレン郡などのセントラルバレー北部(サクラメントバレー)で生産されている。

つまり、日本の米市場を巡るTPP交渉、

特に日米交渉のアメリカ側の主生産地がこの北部セントラルバレーなのである。

 

図3カリフォルニアの米地帯

図3

出所:California Rice Council

 

その地域で、さきのような大干魃が予想され、また実際に干魃が起こっている。

その原因については、全体的な温暖化や地下水の過剰利用による水位異常低下、

ネバダ山脈の降水量の減少等々、各種の分析があるが、

いずれにしろ日本農業、稲作と関わりが深くまた深くなるであろう事が予想される

カリフォルニアの北部セントラルバレーで深刻な水不足が発生している。

 

カリフォルニア農業の中でも米栽培は、

農産物中最も水利用量が多い作物の一つであることは言うをまたないが、

そのカリフォルニア米の主要産地で、深刻な水不足が起こっており、

当然のことながら水不足、確保できる水の減少により生産量の減少が生じている。

 

例えば2013年比の2014年のカリフォルニア中粒種収穫面積は23㌫減、

生産量は22㌫減となっていた。

そして2015年は2014年比30~40㌫の作付面積の減少も予想されていた。

 

このようなカリフォルニア稲作の水不足状況の中で、

当然、その価格も高騰するはずであった。

 

確かに2014年は、平年を大きく上回る価格水準が示され、

干魃による生産量減少が米不足につながり、それが価格を押し上げ、

100ポンドあたりの精米所引き渡し価格で平年を7~8ドルも上回ったのであった。

 

ところが、2014年に続く2年連続の干魃に襲われた2015年の米価格は、

表1のように、高水準とはいえ中粒種で昨年より2~5ドル、10㌫程下回っている。

水不足と生産量減少の結果、高価格の持続が予想されるにもかかわらず、

2015年は当初からジリジリと値下がりしているのである。

2015年8月31日でも昨年同期の水準を回復していない。

 

一方、価格決定の一因である消費量の大幅な落ち込みも聞いていない。

アメリカでも、特に日本人や極東アジア人の多いカリフォルニアでは、

日本食ブームはいまだ続いているし、消費はむしろ堅調といえるのではあるまいか。

 

では依然高水準とはいえ2014年に比した価格低下の要因はどこにあるのか。

いくつかの要因が考えられるが、昨年の高水準価格が米不足を見込んだ投機的価格であり

(実際、表1に見られるように、昨年1月~4月の価格上昇は異常ともいえるものであった)、

その反動が今年の米価に現れているとか、実消費そのものが低迷し始めているとか、

昨年の蔵米が放出され始めたとか、いくつかの要因が考えられるが、

しかし実態は不明なことが多い。

 

こう考えると、私たちは日本への最大の米輸出地域になるであろう

カリフォルニアの米需給動向の不安定性に懸念を持つと共に、

マスコミ等で喧伝される「100年に一度のカリフォルニア大干魃」下での

カリフォルニア米生産や価格への影響も、慎重に考える必要があるであろう。

 

図5

出所:筆者撮影

東京農大 立岩 寿一

 

補足

2015-8-31 National Weekly Rice Summary

 



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Translate

Pickup

  1. czMjYXJ0aWNsZSMzNjc2NCMxODgwMDQjMzY3NjRfcVpZU2hwcENQdy5qcGVn

    2017-8-17

    会津地鶏の普及に関する産学連携プロジェクト

    「幻の地鶏のネギソース弁当」の企画キャンペーン 株式会社みんなの農業 秋丸剛志 ------…
  2. DSC_0121

    2017-4-2

    「グローバルの壁、TPPの和」から「グローバルの和、トランプの壁」へ

    wrote by T.Takehara on 4/1/2017 昨年(2016年)の5月に世田…
  3. 1

    2017-3-19

    カンボジア稲作主要地帯にある農村への調査

    はじめまして。GIA学生会員の高橋です。私はカンボジアを対象に稲作経営研究をしています。今回は3年前…
  4. スライド1

    2017-2-23

    Enhanced Role of Small Farm:Sustainable Model for Agriculture

    *下記画像をクリックすると、画像が拡大されます。 …
  5. 20160925_105029

    2016-10-11

    次世代型グリーン・ツーリズム構築に向けた取り組み-喜多方市高郷地区を事例に-

    --------------------------------------------------…

Translate

News

  1. IMG_7799
    私は西暦2,000年より国際教育プログラムの企画・運営に携わっています。 ここ数年、日本の大学…
  2. ネパール⑥
    Flight Tourで機中からみたヒマラヤ山脈 東京農業大学 板垣 啓四郎 2017年の夏…
  3. czMjYXJ0aWNsZSMzNjc2NCMxODgwMDQjMzY3NjRfcVpZU2hwcENQdy5qcGVn
    「幻の地鶏のネギソース弁当」の企画キャンペーン 株式会社みんなの農業 秋丸剛志 ------…
  4. 図4
    講演会レポート 6/8/2017 by Toshi Kamazuka 去…
  5. 990f4c7242fa7b1fe13743a57e2ff0b9_s
    寺野梨香 マレーシアは東南アジアの中でもシンガポールに次いで平均所得の高い新興国のひとつであり…
ページ上部へ戻る