カリフォルニアの干魃とコメ産業

図4

出所:US Rice Federation

 

カリフォルニアの水不足は、今年も深刻な事態となっていることが最近も見聞きすることが多い。

各種の報道でも、またアメリカ農務省の公表する指標や

「U.S. Drought Monitor」地図などでも、それはわかる。

 

例えば下図は、今年8月後半の全米干魃地図であるが、

西海岸を中心に、特にカリフォルニアは「D4」の最高レベルの干魃予想が出されている。

 

図1 アメリカの干魃地図

図1

出所:USDA, The National Drouht Mitigation Center

 

カリフォルニアの干魃予想をより詳細に地図に落としたものが図2である。

それによると北はチーコのあたりまで、南はロサンゼルスをこえて、

また内陸部はネバダに至るまでの広範囲に干魃予想が出されているのである。

 

いわば、カリフォルニアのセントラルバレー全域に深刻な干魃が予想されていると言って良かろう。

 

ところでこのセントラルバレーは、

カリフォルニアの農業地帯で有り穀物や果樹、野菜等々の生産の中心地帯でもある。

 

特にその北部(サクラメントバレー)では、

TPPの関係で喧伝されている日本向けアメリカ米の生産地として名高い。

アメリカの中粒種米の主要生産地帯である。

 

この水不足傾向は、昨年も同様で、

二年続きの「大干魃」にカリフォルニアは見舞われていることになる。

いや、カリフォルニア農業の場合、恒常的に水不足の問題は大きな課題で有り、

労働力の確保問題と共にカリフォルニア農業の二大課題であるといってもよい。

 

図2 カリフォルニアの干魃地図

U.S. Drought Monitor,2015

California

図2

出所:図1と同じ

 

アメリカから日本に輸出されている中粒種米のほぼすべてが、

コルサ郡やグレン郡などのセントラルバレー北部(サクラメントバレー)で生産されている。

つまり、日本の米市場を巡るTPP交渉、

特に日米交渉のアメリカ側の主生産地がこの北部セントラルバレーなのである。

 

図3カリフォルニアの米地帯

図3

出所:California Rice Council

 

その地域で、さきのような大干魃が予想され、また実際に干魃が起こっている。

その原因については、全体的な温暖化や地下水の過剰利用による水位異常低下、

ネバダ山脈の降水量の減少等々、各種の分析があるが、

いずれにしろ日本農業、稲作と関わりが深くまた深くなるであろう事が予想される

カリフォルニアの北部セントラルバレーで深刻な水不足が発生している。

 

カリフォルニア農業の中でも米栽培は、

農産物中最も水利用量が多い作物の一つであることは言うをまたないが、

そのカリフォルニア米の主要産地で、深刻な水不足が起こっており、

当然のことながら水不足、確保できる水の減少により生産量の減少が生じている。

 

例えば2013年比の2014年のカリフォルニア中粒種収穫面積は23㌫減、

生産量は22㌫減となっていた。

そして2015年は2014年比30~40㌫の作付面積の減少も予想されていた。

 

このようなカリフォルニア稲作の水不足状況の中で、

当然、その価格も高騰するはずであった。

 

確かに2014年は、平年を大きく上回る価格水準が示され、

干魃による生産量減少が米不足につながり、それが価格を押し上げ、

100ポンドあたりの精米所引き渡し価格で平年を7~8ドルも上回ったのであった。

 

ところが、2014年に続く2年連続の干魃に襲われた2015年の米価格は、

表1のように、高水準とはいえ中粒種で昨年より2~5ドル、10㌫程下回っている。

水不足と生産量減少の結果、高価格の持続が予想されるにもかかわらず、

2015年は当初からジリジリと値下がりしているのである。

2015年8月31日でも昨年同期の水準を回復していない。

 

一方、価格決定の一因である消費量の大幅な落ち込みも聞いていない。

アメリカでも、特に日本人や極東アジア人の多いカリフォルニアでは、

日本食ブームはいまだ続いているし、消費はむしろ堅調といえるのではあるまいか。

 

では依然高水準とはいえ2014年に比した価格低下の要因はどこにあるのか。

いくつかの要因が考えられるが、昨年の高水準価格が米不足を見込んだ投機的価格であり

(実際、表1に見られるように、昨年1月~4月の価格上昇は異常ともいえるものであった)、

その反動が今年の米価に現れているとか、実消費そのものが低迷し始めているとか、

昨年の蔵米が放出され始めたとか、いくつかの要因が考えられるが、

しかし実態は不明なことが多い。

 

こう考えると、私たちは日本への最大の米輸出地域になるであろう

カリフォルニアの米需給動向の不安定性に懸念を持つと共に、

マスコミ等で喧伝される「100年に一度のカリフォルニア大干魃」下での

カリフォルニア米生産や価格への影響も、慎重に考える必要があるであろう。

 

図5

出所:筆者撮影

東京農大 立岩 寿一

 

補足

2015-8-31 National Weekly Rice Summary

 



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

Translate

Pickup

  1. e88815e75d6a50fdb14f4632d5ccdcab_s

    2020-3-29

    新型コロナウイルス感染症が食料と農業に及ぼす影響

    板垣 啓四郎 世界的規模で深刻な様相を深めつつある新型コロナウイルス感染症COVID-19。パ…
  2. 6D3CF3B3-4FD9-45C8-B42F-C3283033CBD1

    2020-1-18

    薬用植物による国際協力支援に挑む!

    縁あって、4月から薬用植物(Medicinal Plant)に関わる仕事に就くことになった。折角の機…
  3. eb22bf7a906b7f73af3d68cd620dade7

    2019-3-1

    第3回GIAコラボ講演内容-SDGsに向かって-

    平成31年 2月26日 第3回 GIA コラボ 沙漠緑化研究部会 x グローバル情報研究部会コラ…
  4. image1

    2018-7-28

    東京農業大学の真価

    グローバル情報研究部会メンバーの大西先生が調査した醸造科学科の記事がAERAdot.に掲載されました…
  5. IMG_3337

    2018-7-11

    南米大陸レポート-その①-ボーダー

    wrote by Tai Takehara. それは一本のLINEから始まりました。 去年眼…

Translate

News

  1. 霜田直人発表
    今回の研究会で聞いた事感じた事は今の私にとって大きな“キッカケ”となりました。 それは“海外と…
  2. IMG_20160527_163252
    農業ワールド2016は3日間で45,000人を越える入場者だったとのこと。時代の要請か「農業はキテル…
  3. cb81e82b9b1754fbf1725fff87fe7575_m

    2015/4/15

    TPPの取説
    昨年度(H26)より東京農大総合研究所に新設された グローバル情報研究部会の活動がスタートした…
  4. image1
    グローバル情報研究部会メンバーの大西先生が調査した醸造科学科の記事がAERAdot.に掲載されました…
  5. SW092_L
    まず食料は、ひと言で言えば飽食の時代と言うことですから 飽食の次に何があるのかを考えさせられま…
  6. TPPと特許
    1.はじめに TPP交渉における知的財産の分野は、 概ね米国を中心とする推進派と、それに…
  7. 4e43a0e619a246f59f36ba33e1b5e24d_m
    皆様、この度、農大総研グローバル情報研究部会GIA アクティブ会員としてGIAの活動に参加させ…
  8. DSC_0305
    アルゼンチンやネパールなどから来た留学生とのフリートークは すごく新鮮で楽しかった。 &…
  9. eb22bf7a906b7f73af3d68cd620dade7
    平成31年 2月26日 第3回 GIA コラボ 沙漠緑化研究部会 x グローバル情報研究部会コラ…
ページ上部へ戻る