ネパール最新情報 Part-2 「ポカラ」

ちなみにカトマンズからポカラまでバスで行くと7ドル位だそうである。20倍近いチケットを買って飛行機で25分のポカラへ飛ぶことになった訳だがひとつ良かったのは空からヒマラヤの山々を観れた事だろうか。資源の少ないネパールにとって世界最高峰エベレスト(=サガルマータ=チョモランマ)が最大の観光資源と言えよう。よって外国人価格と現地価格の違い100ドルはマウンテンビュー代だろうか。その名もBuddha航空は神々が宿る神聖なる山々に手を合わせて眺めながら乗るのに相応しい。としておこう。

cbae5496-afd9-44d5-97e0-4612ede13aaa

ポカラに着いて一番最初に感じるのがカトマンズと比べて空気の綺麗な事だろう。飛行機から降りて思わず深呼吸したくなるのは私だけでなかったと思う。エベレストが観れるだけでなくポカラはネーパールで一番の観光地だと言う。ゴルフ場もあり海外からの観光客向でいっぱいだ。いくつかの大きな湖があり日本で言えば箱根の様な感じだ。そこに目を付けたのかロープーウエイの建設が日本の技術で現在進んでいると言う。空港からタクシーで15分くらいのところにあるTeeka Resortと言うホテルにチェックイン。湖のすぐ側で窓からの景色も良い。クマール君が前回ポカラに行くことを勧めてくれたのもよく分かる。早速彼にメッセージを送った。

IMG_9866

unnamed

ネパール国内はfbもLINEも使えるからインターネットさえ繋がれば日本との通信も容易だ。そしてどこのレストランに言ってもWIFIのパスワードをくれるから一瞬ネパールにいることを忘れそうになる。今は世界中どこでもスマホさえ持っていればなんとかなる。便利になったものだ。

翌日は朝から湖畔を歩いでポカラの町を散策。周りの山越しにエベレストのFish tailと呼ばれる三角形の頂も観えこれで温泉があればまさに箱根だ。ホテルの食事も悪くない。

image10

IMG_0188

現在ネパールは観光立国を目指して2020 Lifetime Experience キャンペーンを行なっているが成功を祈りたい。天気も良かったのでその日は近くの山の頂上までトレッキングする事にしたが、ふと空を見ると赤や黄色の小さな点がいくつも浮かんでいる。20機以上はあっただろうパラグライダーがふわふわと飛んでいるのだ。

image9

山の中腹からゆっくりと湖までガイドと一緒に飛んで降下しながら途中棒の先に餌を付けて一緒に飛んでいる鷹を呼び寄せてインスタ映えする写真を撮るのが流行りだと言う。確かにエベレストを背にパラグライダーで空を飛んで鷹と並んでいる画像をネパールから世界に発信すれば受けそうである。この国の経済にとって観光は大きな要素であるのは間違いない。ここにいるだけなら4年前の大地震とガソリン不足による経済の混迷など無かったことのようだ。

IMG_9644

 

(To be continued)

Related post

Comment are closed.

Pickup

  1. 2020-9-28

    菅政権の誕生とわが国農業の方向

    菅政権の誕生とわが国農業の方向 板垣啓四郎  菅政権が誕生して以来、矢継ぎ早に様々な政…
  2. 2020-9-6

    新型コロナウイルス終息に向けて

    By Takeo Sasaki on 09/04/20 ウイルスは細菌と違って細胞を持たない…
  3. 2020-3-29

    新型コロナウイルス感染症が食料と農業に及ぼす影響

    板垣 啓四郎 世界的規模で深刻な様相を深めつつある新型コロナウイルス感染症COVID-19。パ…
  4. 2020-1-18

    薬用植物による国際協力支援に挑む!

    縁あって、4月から薬用植物(Medicinal Plant)に関わる仕事に就くことになった。折角の機…
  5. 2019-3-1

    第3回GIAコラボ講演内容-SDGsに向かって-

    平成31年 2月26日 第3回 GIA コラボ 沙漠緑化研究部会 x グローバル情報研究部会コラ…

News

  1. 11.21 07:57 Bloomberg News 米国の感謝祭はこれからだが、ゴールドマ…
  2. 1/24/18に農大世田谷キャンパスで開催された「農大総研稲コメごはん部会xグローバル情報研究部会(…
  3. 私は西暦2,000年より国際教育プログラムの企画・運営に携わっています。 ここ数年、日本の大学…
  4. ● TPPの合意がもつ背景について、もう一度振り返ってみたい。TPPを合意へ運ぶのは、日本側に主導権…
  5. 食の安全性が議題に上がると”安全”が多用されてしまい、ロハス至上主義者による一方通行感、誘導、押し付…
  6. 戦後の日本農業は食糧増産に向け、 多種・多量の化学肥料や農薬を試みていた時代でした。 そ…
  7. (wrote by Tai Takehara 4/15/20) 人類の敵になってしまった新型コ…
  8. 筆者(農大総研GIA 大門 龍博)はこのたび、アメリカ合衆国西海岸で水産品の試験販売にたずさわる機会…
  9. 東京農業大学国際食料情報学部  板垣 啓四郎 新聞を読んでいると、ほとんど…
Return Top