上海素描その2-グローバル・キャリア・プロジェクト・ベースド・ラーニング実施-

IMG_9123

2018-2-25   

私は西暦2,000年より日本の大学向けの国際教育プログラムの企画・運営に携わっており、ここ数年はアジア地域での業務が増えて来ています。こと中国(上海)、ベトナム(ホーチミン)にはそれぞれ必ず半年ごとに学生団体を派遣しており、個人的にも両国発展の定点観測としての楽しさを実感する今日この頃です。

さて、先だって全国津々浦々の大学から集まった約40名の学生を連れ、上海での課題解決型プログラム『グローバル・キャリア・プロジェクト・ベースド・ラーニング』を実施しました。この課題解決型プログラムとは一般的にPBL(プロジェクト・ベースド・ラーニング)やアクティブラーニング等とも呼ばれ、予め与えられた課題を現地で実行し問題発見と解決を自ら行う能動型の教育手法であり、過去に日本で主流だった知識詰め込みと暗記重視の受動型教育とは真逆であるとも言えます。近年では文部科学省がその教育法を提唱し既に小学校レベルでの導入が始まっています。

IMG_9051 IMG_9057 IMG_9140

さて、先だって全国津々浦々の大学から集まった約40名の学生を連れ、上海での課題解決型プログラム『グローバル・キャリア・プロジェクト・ベースド・ラーニング』を実施しました。この課題解決型プログラムとは一般的にPBL(プロジェクト・ベースド・ラーニング)やアクティブラーニング等とも呼ばれ、予め与えられた課題を現地で実行し問題発見と解決を自ら行う能動型の教育手法であり、過去に日本で主流だった知識詰め込みと暗記重視の受動型教育とは真逆であるとも言えます。近年では文部科学省がその教育法を提唱し既に小学校レベルでの導入が始まっています。

上海で行ったプログラムとは、現地で選抜された中国人学生達と共にプロジェクトチームを編成、某日系アパレル企業の販売拡大に向けたマーティング調査を行い、実際にその新たな戦略を提案し評価される、と言ったものでした。
初めて会った学生達はまずは日中英語を駆使しての自己紹介、グローバルビジネス共通言語が英語である現実も発見します。その後のプロジェクトを進めるにあたっては日中各学生の価値観や視点、文化的な違い、言語的なコミュニケーションミスやロス(交信を重ねるに連れ伝わる事が減少する現象)など様々な問題が発生しますが、共通のゴールに向かって議論を重ねると共に上海の街に繰り出しチームごとに現地調査を行い新提案を探し求めます。
プロジェクトの収穫物、クライマックスである企業向けプレゼンテーションでは、各チームが驚くほどの独自性を持った新提案を展開してくれ、こちら引率する者としても新鮮かつ驚き多い時間でした。
 
こうした文化的背景や言語、年齢さえ違う若者達がゴールを共有し学び働く姿、そして共に切磋琢磨する中で友情と信頼を勝ち得られたのは本当に素晴らしく逞しい事だと思いました。これからのヒト、モノ、情報が国境を無力化する21世紀ですが、今回参加した両国学生には自分こそ21世紀を支える真のグローバル人材である事を実感できた瞬間だと感じます。
政治的にはなかなか難しい問題を抱える両国ですが、グローバル化が進む企業の現場は勿論、そうした現場の予備軍ともなっている一般学生達の可能性は無限であり、今後このようなプログラムが増え更なる人材育成と両国相互理解、そして発展を助ける貴重な財産でもあって欲しいと実感します。 

IMG_9080 IMG_9070

P.S.次回は3月に実施されるベトナムプログラムについてお伝えできればと思います。
1989年 農業経済学科卒
鎌塚俊徳



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

Translate

Pickup

  1. eb22bf7a906b7f73af3d68cd620dade7

    2019-3-1

    第3回GIAコラボ講演内容-SDGsに向かって-

    平成31年 2月26日 第3回 GIA コラボ 沙漠緑化研究部会 x グローバル情報研究部会コラ…
  2. image1

    2018-7-28

    東京農業大学の真価

    グローバル情報研究部会メンバーの大西先生が調査した醸造科学科の記事がAERAdot.に掲載されました…
  3. IMG_3337

    2018-7-11

    南米大陸レポート-その①-ボーダー

    wrote by Tai Takehara. それは一本のLINEから始まりました。 去年眼…
  4. SW087_L

    2018-5-16

    食農を取り入れた予防医学と機能性食品の可能性

    食の安全性が議題に上がると”安全”が多用されてしまい、ロハス至上主義者による一方通行感、誘導、押し付…
  5. スライド1

    2018-4-1

    日本・ペルー間における食料・農産物-貿易の可能性と展望-

Translate

News

  1. アメリカ家族農業の歴史と今日的意義(2)-「家族農業の運命」を中心に(2011発表)-はこちらを✓ …
  2. アメリカ1
    本年3月にヨーロッパ(パリ、リスボン、マドリッド、ロンドン)の米消費調査を行った。今回は、一般消費者…
  3. SV010_L
    1. はじめに 「水素社会」という言葉が広がりつつある。 日常生活や産業活動で水素を燃…
  4. IMG_2871

    2019/11/20

    SDGsと家族農業
    国連が提唱した17項目からなるSDGs(持続可能な開発目標)は、そのほとんどが東京農業大学の教育目標…
  5. トップ完成
    グローバル情報研究部会は、アグリビジネスに関係したグローバル情報を収集、分析し、それを会員の間で共有…
  6. IMG_1472
    それでははじめたいと思います。 最初に講演された、東洋ライスの雑賀社長のお話、薬食同源。食べ物は我…
  7. cb81e82b9b1754fbf1725fff87fe7575_m

    2015/4/15

    TPPの取説
    昨年度(H26)より東京農大総合研究所に新設された グローバル情報研究部会の活動がスタートした…
  8. DSC_0121
    10月13日当日、幕張メッセの農業ワールド2016(農業資材、6次化農業、次世代農業Expo)はなか…
  9. DSC_0321
    ▼ 日時 3月18日(水)16:00~17:30 ▼ 会場 世田谷キャンパス15号…
ページ上部へ戻る