東京農業大学総合研究所研究会 「グローバル情報研究部会」座談会報告

  • 2015/3/21
  • コメントは受け付けていません。
DSC_0327

 

日本人が常識であると考えていることが世界の常識とは限りません。

逆に日本での常識が世界では非常識と捉えられていることも多いのではないでしょうか。

 

経済のグローバル化が進む中で、

国家間、民族間の関係はかならずしも共生の方向には進んでいないような気がします。

社会のグローバル化は、

まず相手を尊重しお互いに理解しあおうとするところから始まるのではないでしょうか。

 

東京農業大学を基点としたグローバルビジネスの展開を目的に、

今年度発足した「グローバル情報研究部会」設立記念イベントの第1弾(座談会)も

無事に終えることが出来ました。

 

国内外のメンバーと外国人留学生が活発に意見交換し、さらに参加者からも多くの意見をいただき、

国の違いによる「食」や「習慣」などの常識・非常識をあぶり出すことができました。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

Translate

Pickup

  1. eb22bf7a906b7f73af3d68cd620dade7

    2019-3-1

    第3回GIAコラボ講演内容-SDGsに向かって-

    平成31年 2月26日 第3回 GIA コラボ 沙漠緑化研究部会 x グローバル情報研究部会コラ…
  2. image1

    2018-7-28

    東京農業大学の真価

    グローバル情報研究部会メンバーの大西先生が調査した醸造科学科の記事がAERAdot.に掲載されました…
  3. IMG_3337

    2018-7-11

    南米大陸レポート-その①-ボーダー

    wrote by Tai Takehara. それは一本のLINEから始まりました。 去年眼…
  4. SW087_L

    2018-5-16

    食農を取り入れた予防医学と機能性食品の可能性

    食の安全性が議題に上がると”安全”が多用されてしまい、ロハス至上主義者による一方通行感、誘導、押し付…
  5. スライド1

    2018-4-1

    日本・ペルー間における食料・農産物-貿易の可能性と展望-

Translate

News

  1. IMG_2307
    wrote by Tai Takehara パラグアイ-ボリビアの国境を越え、Rstado P…
  2. ネパール⑥
    Flight Tourで機中からみたヒマラヤ山脈 東京農業大学 板垣 啓四郎 2017年の夏…
  3. DSC_0121
    wrote by T.Takehara on 4/1/2017 昨年(2016年)の5月に世田…
  4. 11745614_850043168377271_9055741057274100138_n
    戦後の日本農業は食糧増産に向け、 多種・多量の化学肥料や農薬を試みていた時代でした。 そ…
  5. 第一回フォーラム
    日本はTPPへの参加を表明し、現在その交渉に参加中です。 TPPに参加する…
  6. SW141_L
    1.食料 ・消費者は、「安全」「安価」「便利」「使いやすい」「新鮮」「外観…
  7. 990f4c7242fa7b1fe13743a57e2ff0b9_s
    寺野梨香 マレーシアは東南アジアの中でもシンガポールに次いで平均所得の高い新興国のひとつであり…
  8. 20160925_105029
    --------------------------------------------------…
  9. アメリカで見直される小規模農場(1)-「行動の時」の背景と意義(2001年発表)-はこちらを✓ …
ページ上部へ戻る