豚肉とコーヒーにみる世界の食料不安

3a527b968e9f6b81d7cdda3141cef5f2_m

東京農業大学国際食料情報学部  板垣 啓四郎

 

新聞を読んでいると、ほとんど毎日といってよいほど食料問題が取り上げられている。世界の食料需給は、需要が安定かつ堅調に伸びているのに対して、供給は不安定に推移しており、この不安定さが国際食料価格の乱高下につながっている。しかもどちらかといえば、価格が強含みで動いている。供給の不安定は、世界的な異常気象やそれによる大規模な天災、あるいは家畜の病原菌感染などが背景にあることは間違いないが、世界規模でうごめく多国籍企業や巨大商社による投機筋の動きがこの傾向を増幅している。豚肉とコーヒーを事例に挙げてみよう。

しばしば報道されているように、アフリカ豚コレラの発生に端を発した中国の豚肉不足はかなり深刻で、中国の国内では通常の半分しか市場に出回っていない。当然のことながら価格はうなぎのぼりで、通常価格の2倍から3倍へと跳ね上がっている。豚肉は中国における食の中核であり、この状態が長く続くと社会的な暴動に発展する恐れがあり、不満の矛先が政府に向かう可能性がある。政府にとっては頭痛の種である。この状態を少しでも緩和するために、米中貿易摩擦に揺れるなか、中国はアメリカに対し豚肉の輸入規制緩和に動く兆しを見せている。実は豚肉だけでない。食料油も不足している。中国における植物性食料油は、そのほとんどが大豆である。大豆から油を搾った残りかすは、豚肉のエサに回っている。これまで大豆の一定割合をアメリカに依存してきた中国にとって、不足している豚肉とともに大豆もアメリカから輸入したいというのが本音である。アメリカにとっても、来年の大統領選を控え、中西部の票を取りまとめたい政府にとり、大豆や飼料作物を栽培し家畜を大規模に飼養している地域や農家に、中国という格好の輸出先を浮上させることは願ってもない朗報なのである。政府と地域・農家の間に位置するのが先ほど述べた多国籍企業や巨大商社。これらは政府の非常に手厚い庇護のもとにある。何よりもモノ・カネ・情報を握っている。中国の背後をこれらの企業や商社が揺すぶった可能性は十分に考えられる。

ご存じのように、コーヒーはアラビカ種とロブスター種に大別される。このうち世界のアラビカ種市場占有率は70%を超えている。ところが、近い将来コーヒーの市場取引価格が大幅に上昇するだろうと予想されている。これも需要と供給のバランスが極端に不安定になっていることに起因している。コーヒー需要のうち、とくに中国のコーヒー消費量の伸びは際立っており、過去5年間で2倍にも膨らんだ。もともと中国にはコーヒーを嗜む文化は希薄であったが、食のグローバル時代を迎えて、今後とも需要が伸びていきそうな勢いなのである。かといって国内には有力なコーヒー産地はなく、輸入で調達するほかない。一方で、アラビカ種のコーヒー生産が停滞から下降へと向かっている。アラビカ種は、もともと熱帯・亜熱帯地域の冷涼で水はけがよく日照が強い高原地帯を適地としている。ところが、地球温暖化の影響で適地が不適地へと変化しつつある。アラビカ種の香ばしく酸味や苦みのあるセンシティブな味わいは、次第に色褪せていっている。これに代わるのがロブスター種である。ロブスター種の栽培は、アジア地域の熱帯モンスーン気候に適し、高温や湿気に強い。べトナム、ラオス、そしてインドネシアが主要な産地だ。地球温暖化のもとでは次第にこちらが主力になるともいえるが、濃厚な味であるもののセンシティブな味わいにはほど遠い。ロブスター種が市場を席捲するには、コーヒー自体のコンセプトを大きく塗り替える必要がある。とはいえ、アラビカ種からロブスター種へ一足飛びでコーヒー市場が変わるとは到底思えない。今後、多国籍企業や巨大商社が消費者の嗜好が強いアラビカ種を買い占めて、国際価格が暴騰する可能性は否定できない。

食料は安定的かつ安価に供給されていて当たり前と考えている消費者がいるとすれば、消費税増税で気持ちがくすぶっている以上のより深刻な事態が次第に差し迫っていることに、意識を向けてほしいものである。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

Translate

Pickup

  1. eb22bf7a906b7f73af3d68cd620dade7

    2019-3-1

    第3回GIAコラボ講演内容-SDGsに向かって-

    平成31年 2月26日 第3回 GIA コラボ 沙漠緑化研究部会 x グローバル情報研究部会コラ…
  2. image1

    2018-7-28

    東京農業大学の真価

    グローバル情報研究部会メンバーの大西先生が調査した醸造科学科の記事がAERAdot.に掲載されました…
  3. IMG_3337

    2018-7-11

    南米大陸レポート-その①-ボーダー

    wrote by Tai Takehara. それは一本のLINEから始まりました。 去年眼…
  4. SW087_L

    2018-5-16

    食農を取り入れた予防医学と機能性食品の可能性

    食の安全性が議題に上がると”安全”が多用されてしまい、ロハス至上主義者による一方通行感、誘導、押し付…
  5. スライド1

    2018-4-1

    日本・ペルー間における食料・農産物-貿易の可能性と展望-

Translate

News

  1. IMG_20160527_163252
    農業ワールド2016は3日間で45,000人を越える入場者だったとのこと。時代の要請か「農業はキテル…
  2. 990f4c7242fa7b1fe13743a57e2ff0b9_s
    3/10~3/14カナダ(バンクーバー) 3/14~19アメリカ(ロサンゼルス)を訪れた。 …
  3. IMG_9123
    2018-2-25    私は西暦2,000年より日本の大学向けの国際教育プログラムの企画・運…
  4. アメリカで見直される小規模農場(1)-「行動の時」の背景と意義(2001年発表)-はこちらを✓ …
  5. ダラットでの栽培③
    HOME >> コラム >> 卸売市場の役割と機能 >> 食料輸…
  6. cdf07d3a3b12587a9840ef441fd0c630_m
  7. 4e43a0e619a246f59f36ba33e1b5e24d_m
    皆様、この度、農大総研グローバル情報研究部会GIA アクティブ会員としてGIAの活動に参加させ…
  8. SW045_L
    1.初代学長の偉大な発明「塩水選種法」 東京農業大学初代学長の横井時敬先生。 実は偉大な…
  9. アメリカ家族農業の歴史と今日的意義(2)-「家族農業の運命」を中心に(2011発表)-はこちらを✓ …
ページ上部へ戻る