部会紹介

TOP >> 部会紹介

グローバリゼーションの発展にともない、食料・農業部門に関わるビジネスは、世界各国の政策、法規制、さらに資金、人材、技術と言った経営資源の移動などにおいて国際的な潮流を十分に把握し理解したうえで展開していかなければ立ち行かない時代となりました。

iStock_000003413016Medium

いわゆるアグリビジネスでは、グローバル視点を踏まえつつ、生産から加工、流通・販売に至るバリューチェーンのトータルシステムのなかで戦略を立てていくことが、ますます重要性を増してきています。

 

その為には、タイムリーで正確な「生きたグローバル情報」の収集、分析、発信そして多様な人々との交流がきわめて重要です。

cb81e82b9b1754fbf1725fff87fe7575_m

また、こうした分野に関係した調査、研究においても、多様な情報は欠かせない要素であります。

 

東京農大総研グローバル情報研究部会は、アグリビジネスに関係したグローバル情報を収集、分析し、それを会員の間で共有し、新たなビジネス展開の為の発想と基軸を産み出す源泉とすることを目的として設立するものです。

897342_19933331

①グローバル情報のアウトプットとして”フォーラム”の開催

特定のタイムリーなテーマにたいしての情報発信を行い、また定期的に勉強会を開いて相互の情報交換を行います。

 

②グローバル情報のプラットホームの形成

インプットも受け入れられる場を設け、ウェブサイト上でグローバル情報部会の活動を紹介しながら部会内外からの意見を取り入れて、アグリビジネスに関するグローバル情報のシンクタンク機能を構築していきます。



Translate

News

  1. SV010_L
    1. はじめに 「水素社会」という言葉が広がりつつある。 日常生活や産業活動で水素を燃…
  2. トップ完成
    グローバル情報研究部会は、アグリビジネスに関係したグローバル情報を収集、分析し、それを会員の間で共有…
  3. 2012年研究室アメリカ調査4
    1、はじめに アメリカの農場数は、第二次世界大戦以降速度を緩めながらも減少をつづけています。 …
  4. image1
    2015年4月の大地震の時、当時東京農大の留学生だったクマール君からSOSのメールをもらいGIAのメ…
  5. SW092_L
    まず食料は、ひと言で言えば飽食の時代と言うことですから 飽食の次に何があるのかを考えさせられま…
  6. 図4
    講演会レポート 6/8/2017 by Toshi Kamazuka 去…
  7. アメリカで見直される小規模農場(1)-「行動の時」の背景と意義(2001年発表)-はこちらを✓ …
  8. アメリカ家族農業の歴史と今日的意義(1)-「家族農業の運命」を中心に(2011発表)-はこちらを✓ …
  9. DSC_0417
    [Best_Wordpress_Gallery id="12" gal_title="GIA…
ページ上部へ戻る