部会紹介

TOP >> 部会紹介

グローバリゼーションの発展にともない、食料・農業部門に関わるビジネスは、世界各国の政策、法規制、さらに資金、人材、技術と言った経営資源の移動などにおいて国際的な潮流を十分に把握し理解したうえで展開していかなければ立ち行かない時代となりました。

iStock_000003413016Medium

いわゆるアグリビジネスでは、グローバル視点を踏まえつつ、生産から加工、流通・販売に至るバリューチェーンのトータルシステムのなかで戦略を立てていくことが、ますます重要性を増してきています。

 

その為には、タイムリーで正確な「生きたグローバル情報」の収集、分析、発信そして多様な人々との交流がきわめて重要です。

cb81e82b9b1754fbf1725fff87fe7575_m

また、こうした分野に関係した調査、研究においても、多様な情報は欠かせない要素であります。

 

東京農大総研グローバル情報研究部会は、アグリビジネスに関係したグローバル情報を収集、分析し、それを会員の間で共有し、新たなビジネス展開の為の発想と基軸を産み出す源泉とすることを目的として設立するものです。

897342_19933331

①グローバル情報のアウトプットとして”フォーラム”の開催

特定のタイムリーなテーマにたいしての情報発信を行い、また定期的に勉強会を開いて相互の情報交換を行います。

 

②グローバル情報のプラットホームの形成

インプットも受け入れられる場を設け、ウェブサイト上でグローバル情報部会の活動を紹介しながら部会内外からの意見を取り入れて、アグリビジネスに関するグローバル情報のシンクタンク機能を構築していきます。



Translate

News

  1. image1
    グローバル情報研究部会メンバーの大西先生が調査した醸造科学科の記事がAERAdot.に掲載されました…
  2. IMG_2307
    wrote by Tai Takehara パラグアイ-ボリビアの国境を越え、Rstado P…
  3. IMG_3337
    wrote by Tai Takehara. それは一本のLINEから始まりました。 去年眼…
  4. アメリカ1
    本年3月にヨーロッパ(パリ、リスボン、マドリッド、ロンドン)の米消費調査を行った。今回は、一般消費者…
  5. SW087_L
    食の安全性が議題に上がると”安全”が多用されてしまい、ロハス至上主義者による一方通行感、誘導、押し付…
ページ上部へ戻る