6.12フォーラムの感想①

SV010_L

今回は新たな方法論を試す意味もあったのだと思います。

ただ、プレゼン、留学生の参加、TV電話での中継、と盛り沢山だったので、

不完全燃焼の部分が残ったのは仕方がないと思います。

 

今後の部会のスタイルを決めるための試行としては十分な成果もあったと思いますし、

全体的にはとても良いフォーラムであったように思います。

 

私もディスカッションの時間については、

もう少しあれば、より良かったのではないかと思います。

 

水素に関する議論になりましたが、

他のテーマに対する興味も沢山あったのではないかと思います。

 

また、議論については色々な考え方がありますが、

GIAは「合意形成を目指すものではない」

GIAは「将来的に大きな課題を運用する予定がない」

というのが前提であれば、議論の時間は最小限で良いと思います。

しかし逆であれば、議論は重要な要素になると思いますので、十分な時間が必要です。

 

留学生の食文化に関するプレゼンは、個人的にとても興味深かったです。

発表のための共通した形式があるようにも見えましたが、無ければ、

「1:文化、2:宗教、3:生活リズム、4:主食や伝統料理と原料、5:嗜好品」

などの共通項に基づいて頂ければ、長期的に情報を得る価値が増すと思います。

(既にご専門の先生がいらっしゃるかもしれません)

 

TV電話で村本先生にご参加頂いたことも良い試みだったと思います。

TV電話参加者からの話題提供も無理はなさそうです。

ありがとうございました。

 

東京農業大学 応用生物科学部

醸造科学科 大西章博



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Translate

Pickup

  1. image1

    2018-7-28

    東京農業大学の真価

    グローバル情報研究部会メンバーの大西先生が調査した醸造科学科の記事がAERAdot.に掲載されました…
  2. IMG_3337

    2018-7-11

    南米大陸レポート-その①-ボーダー

    wrote by Tai Takehara. それは一本のLINEから始まりました。 去年眼…
  3. SW087_L

    2018-5-16

    食農を取り入れた予防医学と機能性食品の可能性

    食の安全性が議題に上がると”安全”が多用されてしまい、ロハス至上主義者による一方通行感、誘導、押し付…
  4. スライド1

    2018-4-1

    日本・ペルー間における食料・農産物-貿易の可能性と展望-

  5. IMG_1475

    2018-2-24

    総括・農大総研稲コメごはん部会x GIAコラボセミナー

    1/24/18に農大世田谷キャンパスで開催された「農大総研稲コメごはん部会xグローバル情報研究部会(…

Translate

News

  1. image1
    グローバル情報研究部会メンバーの大西先生が調査した醸造科学科の記事がAERAdot.に掲載されました…
  2. IMG_2307
    wrote by Tai Takehara パラグアイ-ボリビアの国境を越え、Rstado P…
  3. IMG_3337
    wrote by Tai Takehara. それは一本のLINEから始まりました。 去年眼…
  4. アメリカ1
    本年3月にヨーロッパ(パリ、リスボン、マドリッド、ロンドン)の米消費調査を行った。今回は、一般消費者…
  5. SW087_L
    食の安全性が議題に上がると”安全”が多用されてしまい、ロハス至上主義者による一方通行感、誘導、押し付…
ページ上部へ戻る