GIA座談会を通して-海外経験を活かし発展途上国のインフラ整備に貢献したい-

DSC_0305

アルゼンチンやネパールなどから来た留学生とのフリートークは

すごく新鮮で楽しかった。

 

例えば、「日本の学生はどうして講義中に寝てしまうのですか」

と留学生が日本の講義中の学生の姿勢に疑問を感じていました。

 

正直、私は、授業がつまらないからだと思うのですが、

留学生の方は「日本が裕福だから」と言っていて、

その視点もあるのかと思いました。

 

―自己紹介―

茨城県生まれの22歳です。

海外に興味を持ったきっかけは、大学二年次に見た

「スティーブ・ジョブズ伝説のスピーチ」というテレビ番組がきっかけでした。

 

テレビ内容は、ジョブズがスタンフォード大学卒業式のスピーチを行うという内容です。

そのスピーチを見てどんどんそのスピーチに引き込まれていき、

こんな人が世界にはいるのかと、一緒に働いてみたいと思ったのがきっかけです。

 

そのためには何をしなくてはならないかを考えた時に、「英語学習」と思いました。

そして、海外への短期留学を経験したり、カンボジアへの一人旅などを通して、

その国ごとの文化や価値観に触れてより海外に興味を持ちました。

 

カンボジア

カンボジア、プレアヴィヘアでの一枚(世界は広い)

 

―海外での体験を今後どう活かしたいのか―

海外での経験は、就職してからも活かしていきたいと思います。

 

私は、ゼネコン関係での仕事を行いたいと考えております。

発展途上国でのインフラ整備に貢献したいからです。

働くにおいて、違いを受け入れる柔軟性はもちろんのこと、

どの国においても変わらない家族への愛や感謝の気持ちを持ちながら、

活躍して行きたいです。

 

このことは、海外に出たからこそ学んだことだと思います。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Translate

Pickup

  1. image1

    2018-7-28

    東京農業大学の真価

    グローバル情報研究部会メンバーの大西先生が調査した醸造科学科の記事がAERAdot.に掲載されました…
  2. IMG_3337

    2018-7-11

    南米大陸レポート-その①-ボーダー

    wrote by Tai Takehara. それは一本のLINEから始まりました。 去年眼…
  3. SW087_L

    2018-5-16

    食農を取り入れた予防医学と機能性食品の可能性

    食の安全性が議題に上がると”安全”が多用されてしまい、ロハス至上主義者による一方通行感、誘導、押し付…
  4. スライド1

    2018-4-1

    日本・ペルー間における食料・農産物-貿易の可能性と展望-

  5. IMG_1475

    2018-2-24

    総括・農大総研稲コメごはん部会x GIAコラボセミナー

    1/24/18に農大世田谷キャンパスで開催された「農大総研稲コメごはん部会xグローバル情報研究部会(…

Translate

News

  1. image1
    グローバル情報研究部会メンバーの大西先生が調査した醸造科学科の記事がAERAdot.に掲載されました…
  2. IMG_2307
    wrote by Tai Takehara パラグアイ-ボリビアの国境を越え、Rstado P…
  3. IMG_3337
    wrote by Tai Takehara. それは一本のLINEから始まりました。 去年眼…
  4. アメリカ1
    本年3月にヨーロッパ(パリ、リスボン、マドリッド、ロンドン)の米消費調査を行った。今回は、一般消費者…
  5. SW087_L
    食の安全性が議題に上がると”安全”が多用されてしまい、ロハス至上主義者による一方通行感、誘導、押し付…
ページ上部へ戻る