トランプ大統領はなぜ勝てたか

講演会レポート
6/8/2017 by Toshi Kamazuka

 

去る6月3日(土)、群馬県前橋市国際交流協会の国際理解講座『エリート・ジャーナリストには伝えられない真実 ~トランプ氏はなぜ勝利できたか~』とのタイトルで講演会を行わせて頂きました。

これは当協会理事の内山先生のご厚意とご推薦により実現したもので、内山先生ご立案のその刺激的なタイトルの影響か通常の倍近い60名以上の参加者の皆様がいらっしゃいました。

 

内容は、甚だ個人的ではありますが私の約27年に及ぶ北米生活の中で感じた一般庶民視点でのアメリカ大統領選とその背景にあるアメリカ文化についてでした。

 

アメリカ国土は日本の約24倍、人口も3倍もおり、人種はもちろん文化や宗教、経済格差も我々日本人が想像も超える多様性を持っています。そういった意味では今回の大統領選も簡単な図式で語ることは不可能だと思います。

今回の私の視点は、1980年代半ばに農大在学中に一年間休学しアメリカ・オレゴン州の大規模農場を渡り歩き、ほぼ100%白人しかいない環境での暮らし(実際この一年間は日本人、アフリカ系アメリカ人それぞれ1回ずつしか会いませんでした)や、約2年半前に日本に帰郷するまでの20年以上をロサンゼルスで過ごし、アメリカ西部最大のアフリカ系アメリカ人居住区であるサウスセントラルLAでの実体験などがベースになっています。

現在、ちょうど30年近くアメリカと共に暮らして実感するのは、1950年代以降にすすんだ市民権運動や80年代以降に人種を問わず若者たち全般に浸透したヒップホップ文化など、文化的な多様性や社会的な寛容さなど有色人種の自分に取っては暮らしやすい方向に進んでいたとばかり思っていたアメリカですが、今回の選挙結果ではその発展に対しての揺り戻しがあったのだと実感します。

 

大統領選については既にプロによる数多くの解説と分析が行われておりますので、講演にお越しになった皆様に感じで欲しかったのは、国際政治記者の上段から構えたニュースレポートや格式ばった厚いアカデミックな論文とは一風変わった、自ら独自の着眼点を持ちおのれの足元や社会の路面に近づけた市井の視点。『稲のことは稲に聞け、農業のことは農民に聞け』の金言のごとく、アメリカに暮らす人々の肌の温かささえ感じるような一般市民としての至近距離と実感値でしたので、私のアメリカ人知人達に送ってもらったビデオレターを上映したりと工夫を凝らしました。

 

ビジネスマンとして大成したトランプ氏ですが政治手腕自体に疑問符が付くでしょうし、弾劾の可能性はもとよりそもそも国内問題にも加えテロや世界的な経済不安など不確定要素が多すぎ、今後の進展は予断を許しません。

アメリカは我が日本とも緊密な関係にありますので、これからも興味深く見守っていきたいと思います。

 

なお講演後には数多くの方々との質疑応答もあり非常に有意義な時間だったと感じています。

海外駐在経験の長い方が『トランプさんに投票した人々は瞬間的に溜飲を下げたかもしれないが、これからのアメリカの進む方向性によっては結果的には実利を取れずに地団駄を踏むことになるのでは?』とのコメントに激しく同感せずにはいられませんでした。

Related post

Comment are closed.

Pickup

  1. 2020-9-28

    菅政権の誕生とわが国農業の方向

    菅政権の誕生とわが国農業の方向 板垣啓四郎  菅政権が誕生して以来、矢継ぎ早に様々な政…
  2. 2020-9-6

    新型コロナウイルス終息に向けて

    By Takeo Sasaki on 09/04/20 ウイルスは細菌と違って細胞を持たない…
  3. 2020-3-29

    新型コロナウイルス感染症が食料と農業に及ぼす影響

    板垣 啓四郎 世界的規模で深刻な様相を深めつつある新型コロナウイルス感染症COVID-19。パンデ…
  4. 2020-1-18

    薬用植物による国際協力支援に挑む!

    縁あって、4月から薬用植物(Medicinal Plant)に関わる仕事に就くことになった。折角の機…
  5. 2019-3-1

    第3回GIAコラボ講演内容-SDGsに向かって-

    第3回 GIA コラボ 沙漠緑化研究部会 x グローバル情報研究部会コラボシンポジューム 日本沙漠学…

Pickup post

  1. 2015-4-15

    TPPの取説

    昨年度(H26)より東京農大総合研究所に新設された グローバル情報研究部会の活動がスタートした…
  2. 2015-2-23

    農業の教育と普及の国際化を考える-APEAEN日本支部の立ち位置-

    ASEANは、今年域内の経済共同体(AEC)が結成されます。 ASEAN域内では、貿易と投資の…
  3. 2018-7-11

    南米大陸レポート-その①-ボーダー

    wrote by Tai Takehara. それは一本のLINEから始まりました。去年眼の手術をし…
  4. 2018-5-16

    食農を取り入れた予防医学と機能性食品の可能性

    食の安全性が議題に上がると”安全”が多用されてしまい、ロハス至上主義者による一方通行感、誘導、押し付…
  5. 2018-7-28

    東京農業大学の真価

    グローバル情報研究部会メンバーの大西先生が調査した醸造科学科の記事がAERAdot.に掲載されました…
  6. 2020-1-18

    薬用植物による国際協力支援に挑む!

    縁あって、4月から薬用植物(Medicinal Plant)に関わる仕事に就くことになった。折角の機…
  7. 2019-3-1

    第3回GIAコラボ講演内容-SDGsに向かって-

    第3回 GIA コラボ 沙漠緑化研究部会 x グローバル情報研究部会コラボシンポジューム 日本沙漠学…
  8. 2018-1-30

    カリフォルニア米はどんだけ美味いか?不味いか?

    それでははじめたいと思います。 最初に講演された、東洋ライスの雑賀社長のお話、薬食同源。食べ物は我…
Return Top