食料の輸入が増加したのはなぜだろうか?

HOME >> コラム >> 卸売市場の役割と機能 >> 食料輸入が増加したのはなぜ?-食料の安全保障に関連して-

 

藤島廣二と申します。

みんなの農業のウェブサイト(特設ページ)にて、自己紹介と仕事内容を掲載してます。

 

 

さて、今では「日本は昔から食料輸入大国であった」と思い込んでいる人が少なくないと思います。

確かに小麦や大豆等の一部の品目では、第2次大戦後まもなくして大量の輸入が行われました。

 

[図1:食料品輸入量の推移]

出所:農林水産省「食料需給表」

 

しかし、図1から明らかなように、

多くの品目で輸入が顕著に増え始めたのは1980年代中ごろ、今から30年ほど前です。

 

例えば、時々マスコミで取り上げられる野菜の輸入動向をみると、

1984年までは年間輸入量は常に100万㌧以下にすぎなかったものの、

その後急速に増え始め、1990年末以降は毎年400万㌧前後に達しているほどです。

 

では、なぜ1980年代中ごろから多様な品目の輸入量が大幅に増え始めたのか?

 

よく言われるように「食の洋風化」が原因なのでしょうか…

確かに小麦の輸入量が増えたのはパン食という「食の洋風化」が

主因の一つであったことは間違いないでしょう。

 

しかし、「食の洋風化」は第2次大戦後ほどなくして始まっていることから、

これを1980年代中ごろ以降の輸入急増の主因とするには無理があります。

 

となると、主因は何であろうか!?

やはり、その一つは1985年9月のG5のプラザ合意を契機とした円高でしょう。

 

どれほどの円高であったかというと、

プラザ合意前の為替の交換レートは1ドルが240円ほどであったのに対し、

1995年4月19日には一時的ではあったものの1ドルが79円75銭になったのです。

 

現在では1ドルが79円、80円だと言われても誰も驚くことはないのですが、

当時はわずか10年間に240円から80円へと、信じがたいほど大きく変わったのであります。

ごく単純に考えれば、1985年には1ドルの物を輸入するのに240円払わなければならなかったが、

10年後の95年4月19日には同じ物を80円で輸入できるようになったのであります。

 

こうした輸入品価格の大幅な下落が輸入の急増を引き起こしたのであります。

ちなみに、図1に見るように、多くの品目で1985年から95年にかけて輸入量が急増しましたが、

それはまさに円高が最も急速に進行した時期でもあります。

 

[図2:生鮮野菜の輸入量と国産野菜の収穫量・出荷量の推移]

出所:「野菜生産出荷統計」、農畜産業振興機構資料、旧野菜供給安定基金資料

注:輸入量は暦年、収穫量・出荷量は生産年度(野菜品目の多くは4月~翌年3月)

 

もうひとつの主因は、

農水産物生産者の高齢化等による国内農水産物生産力の低下です。

 

図2に生鮮野菜の輸入量の変化と、

国内野菜生産力(収穫量と出荷量)の年々の変化を示しましたが、

これから読み取れるように生鮮野菜の輸入量が毎年20万㌧を超えるようになるのは、

プラザ合意の1985年よりも3年ほど遅れた88年からでありましたが、

その年から国内の生産力も明らかな低下傾向に陥ったのです。

 

しかも、その後も輸入量が一時的に減少する時には、

国内生産力は一時的であれ持ち直しているのであります。

 

なお、2001年の暫定セーフガードの対象品目となった

「白ネギ」の輸入が増え始めたのは1998年からですが、

この年は冷夏と秋台風によって国内産地が大ダメージを受け、

「白ネギ」の収穫量と出荷量が急減した年でもありました。

 

もちろん、これらの要因だけでなく、

1980年代におけるリーファー・コンテナ(温度調整ができる海上コンテナ)や

ジャンボジェット機の普及といった輸送手段の発達も重視しなければならないですね。

 

しかし、いずれにしても、日本はもともと食料輸入大国であったわけではないし、

また輸入増大の主因が「食の洋風化」だけであったわけでもないのです。

Related post

Comment are closed.

Pickup

  1. 2020-9-28

    菅政権の誕生とわが国農業の方向

    菅政権の誕生とわが国農業の方向 板垣啓四郎  菅政権が誕生して以来、矢継ぎ早に様々な政…
  2. 2020-9-6

    新型コロナウイルス終息に向けて

    By Takeo Sasaki on 09/04/20 ウイルスは細菌と違って細胞を持たない…
  3. 2020-3-29

    新型コロナウイルス感染症が食料と農業に及ぼす影響

    板垣 啓四郎 世界的規模で深刻な様相を深めつつある新型コロナウイルス感染症COVID-19。パンデ…
  4. 2020-1-18

    薬用植物による国際協力支援に挑む!

    縁あって、4月から薬用植物(Medicinal Plant)に関わる仕事に就くことになった。折角の機…
  5. 2019-3-1

    第3回GIAコラボ講演内容-SDGsに向かって-

    第3回 GIA コラボ 沙漠緑化研究部会 x グローバル情報研究部会コラボシンポジューム 日本沙漠学…

Pickup post

  1. 2018-7-28

    東京農業大学の真価

    グローバル情報研究部会メンバーの大西先生が調査した醸造科学科の記事がAERAdot.に掲載されました…
  2. 2018-1-30

    カリフォルニア米はどんだけ美味いか?不味いか?

    それでははじめたいと思います。 最初に講演された、東洋ライスの雑賀社長のお話、薬食同源。食べ物は我…
  3. 2018-7-11

    南米大陸レポート-その①-ボーダー

    wrote by Tai Takehara. それは一本のLINEから始まりました。去年眼の手術をし…
  4. 2018-5-16

    食農を取り入れた予防医学と機能性食品の可能性

    食の安全性が議題に上がると”安全”が多用されてしまい、ロハス至上主義者による一方通行感、誘導、押し付…
  5. 2015-2-23

    農業の教育と普及の国際化を考える-APEAEN日本支部の立ち位置-

    ASEANは、今年域内の経済共同体(AEC)が結成されます。 ASEAN域内では、貿易と投資の…
  6. 2019-3-1

    第3回GIAコラボ講演内容-SDGsに向かって-

    第3回 GIA コラボ 沙漠緑化研究部会 x グローバル情報研究部会コラボシンポジューム 日本沙漠学…
  7. 2020-1-18

    薬用植物による国際協力支援に挑む!

    縁あって、4月から薬用植物(Medicinal Plant)に関わる仕事に就くことになった。折角の機…
  8. 2015-4-15

    TPPの取説

    昨年度(H26)より東京農大総合研究所に新設された グローバル情報研究部会の活動がスタートした…
Return Top