部会の紹介ページが完成しました

  • 2014/12/16
  • コメントは受け付けていません。
トップ完成

グローバル情報研究部会は、アグリビジネスに関係したグローバル情報を収集、分析し、それを会員の間で共有し、新たなビジネス展開の為の発想と基軸を産み出す源泉とすることを目的として設立するものです。

詳しくはこちらを✔



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

Translate

Pickup

  1. 6D3CF3B3-4FD9-45C8-B42F-C3283033CBD1

    2020-1-18

    薬用植物による国際協力支援に挑む!

    縁あって、4月から薬用植物(Medicinal Plant)に関わる仕事に就くことになった。折角の機…
  2. eb22bf7a906b7f73af3d68cd620dade7

    2019-3-1

    第3回GIAコラボ講演内容-SDGsに向かって-

    平成31年 2月26日 第3回 GIA コラボ 沙漠緑化研究部会 x グローバル情報研究部会コラ…
  3. image1

    2018-7-28

    東京農業大学の真価

    グローバル情報研究部会メンバーの大西先生が調査した醸造科学科の記事がAERAdot.に掲載されました…
  4. IMG_3337

    2018-7-11

    南米大陸レポート-その①-ボーダー

    wrote by Tai Takehara. それは一本のLINEから始まりました。 去年眼…
  5. SW087_L

    2018-5-16

    食農を取り入れた予防医学と機能性食品の可能性

    食の安全性が議題に上がると”安全”が多用されてしまい、ロハス至上主義者による一方通行感、誘導、押し付…

Translate

News

  1. スライド1
  2. スライド1
    *下記画像をクリックすると、画像が拡大されます。 …
  3. アメリカ1
    本年3月にヨーロッパ(パリ、リスボン、マドリッド、ロンドン)の米消費調査を行った。今回は、一般消費者…
  4. 3a527b968e9f6b81d7cdda3141cef5f2_m
    東京農業大学国際食料情報学部  板垣 啓四郎 新聞を読んでいると、ほとんど…
  5. TPPと特許
    1.はじめに TPP交渉における知的財産の分野は、 概ね米国を中心とする推進派と、それに…
  6. image1
    グローバル情報研究部会メンバーの大西先生が調査した醸造科学科の記事がAERAdot.に掲載されました…
  7. 図4
    出所:US Rice Federation カリフォルニアの水不足は、今年…
  8. 4e43a0e619a246f59f36ba33e1b5e24d_m
    【当研究部会では"4.25ネパール大地震に対する支援活動"を進めております】 グローバル情報研…
  9. IMG_1472
    それでははじめたいと思います。 最初に講演された、東洋ライスの雑賀社長のお話、薬食同源。食べ物は我…
ページ上部へ戻る