ネパールの農業の特徴

ネパール写真

TOP >> world information >> characteristics of Nepal agrriculture

ネパールでは主に3つの場所で農産物が生産されております。

[3つの場所:ヒマラヤ地帯]

①海面から標高2,200m以上(Himalayan region)

②1,000~2,200m(Hilly region)

③60~1,000m(Terai region)

ネパールの農産物は主に気温・高度・季節によって違います。

 

 

ネパール情報

 

ネパールの輸入品は米、スパイス、砂糖、肉アイテム、リンゴ、果物などです。

一方、輸出品はお茶、ジュート、マスタードオイル、スパイスなどです。

 

国境では輸送施設があちこち点々としてバラバラゆえにそれほど上手く機能しておりません。

そのため、ネパールでは輸送するのに多くの問題が発生します。

これにより、国境付近で売買している人は、輸送条件の良いインドに流通しています。

 

【ネパール農業の課題】

1.従来の農業システム (ツールもテクノロジーも利用してない)

ネパールの農家の大半は、伝統的な農業システムを採用しています。

また今でも伝統的な農業システムに従っております。

 

2.生計目的のための農業 (ビジネスが目的ではない)

地方出身の大半の農家は、日々の生活向上のために農業を営んでおります。

販売を目的とするよりもむしろ、毎日の食に欠かせない米、トウモロコシ、野菜などを育てています。

 

3.商品の一般化(商品指定されてない)

 

4.農薬を過度に使用

 

5.政府からの教育、知識、トレーニングが欠かせない

無学で、流行に乗る機会がないため、

農家は従来の農業システムを続けることが非常に魅力的なのです。

貧しい国や農家の繁栄のために、得られない情報やトレーニングが欠かせない。

 

6.人的資源が欠けている

若い人々のほとんどは、研究と仕事を目的としているため

中東、オーストラリア、日本など国外で働いている。

彼らが外に出ているため、農業では人的資源の不足に直面しています。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Translate

Pickup

  1. スライド1

    2018-4-1

    日本・ペルー間における食料・農産物-貿易の可能性と展望-

  2. IMG_1475

    2018-2-24

    総括・農大総研稲コメごはん部会x GIAコラボセミナー

    1/24/18に農大世田谷キャンパスで開催された「農大総研稲コメごはん部会xグローバル情報研究部会(…
  3. czMjYXJ0aWNsZSMzNjc2NCMxODgwMDQjMzY3NjRfcVpZU2hwcENQdy5qcGVn

    2017-8-17

    会津地鶏の普及に関する産学連携プロジェクト

    「幻の地鶏のネギソース弁当」の企画キャンペーン 株式会社みんなの農業 秋丸剛志 ------…
  4. DSC_0121

    2017-4-2

    「グローバルの壁、TPPの和」から「グローバルの和、トランプの壁」へ

    wrote by T.Takehara on 4/1/2017 昨年(2016年)の5月に世田…
  5. 1

    2017-3-19

    カンボジア稲作主要地帯にある農村への調査

    はじめまして。GIA学生会員の高橋です。私はカンボジアを対象に稲作経営研究をしています。今回は3年前…

Translate

News

  1. スライド1
  2. SONY DSC
    大門龍博(GIA個人会員) 筆者が所属する会社は前身を含め約50年前より民間で卸売市場開設・運…
  3. 28928158_1720162268061468_1124399607_o
    2018年2月5日から17日まで、ブラジル国サンパウロを訪問した。成田空港からの経路は意外と思われる…
  4. IMG_9123
    2018-2-25    私は西暦2,000年より日本の大学向けの国際教育プログラムの企画・運…
  5. IMG_1475
    1/24/18に農大世田谷キャンパスで開催された「農大総研稲コメごはん部会xグローバル情報研究部会(…
ページ上部へ戻る