ネパールの農業の特徴

ネパール写真

TOP >> world information >> characteristics of Nepal agrriculture

ネパールでは主に3つの場所で農産物が生産されております。

[3つの場所:ヒマラヤ地帯]

①海面から標高2,200m以上(Himalayan region)

②1,000~2,200m(Hilly region)

③60~1,000m(Terai region)

ネパールの農産物は主に気温・高度・季節によって違います。

 

 

ネパール情報

 

ネパールの輸入品は米、スパイス、砂糖、肉アイテム、リンゴ、果物などです。

一方、輸出品はお茶、ジュート、マスタードオイル、スパイスなどです。

 

国境では輸送施設があちこち点々としてバラバラゆえにそれほど上手く機能しておりません。

そのため、ネパールでは輸送するのに多くの問題が発生します。

これにより、国境付近で売買している人は、輸送条件の良いインドに流通しています。

 

【ネパール農業の課題】

1.従来の農業システム (ツールもテクノロジーも利用してない)

ネパールの農家の大半は、伝統的な農業システムを採用しています。

また今でも伝統的な農業システムに従っております。

 

2.生計目的のための農業 (ビジネスが目的ではない)

地方出身の大半の農家は、日々の生活向上のために農業を営んでおります。

販売を目的とするよりもむしろ、毎日の食に欠かせない米、トウモロコシ、野菜などを育てています。

 

3.商品の一般化(商品指定されてない)

 

4.農薬を過度に使用

 

5.政府からの教育、知識、トレーニングが欠かせない

無学で、流行に乗る機会がないため、

農家は従来の農業システムを続けることが非常に魅力的なのです。

貧しい国や農家の繁栄のために、得られない情報やトレーニングが欠かせない。

 

6.人的資源が欠けている

若い人々のほとんどは、研究と仕事を目的としているため

中東、オーストラリア、日本など国外で働いている。

彼らが外に出ているため、農業では人的資源の不足に直面しています。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

Translate

Pickup

  1. e88815e75d6a50fdb14f4632d5ccdcab_s

    2020-3-29

    新型コロナウイルス感染症が食料と農業に及ぼす影響

    板垣 啓四郎 世界的規模で深刻な様相を深めつつある新型コロナウイルス感染症COVID-19。パ…
  2. 6D3CF3B3-4FD9-45C8-B42F-C3283033CBD1

    2020-1-18

    薬用植物による国際協力支援に挑む!

    縁あって、4月から薬用植物(Medicinal Plant)に関わる仕事に就くことになった。折角の機…
  3. eb22bf7a906b7f73af3d68cd620dade7

    2019-3-1

    第3回GIAコラボ講演内容-SDGsに向かって-

    平成31年 2月26日 第3回 GIA コラボ 沙漠緑化研究部会 x グローバル情報研究部会コラ…
  4. image1

    2018-7-28

    東京農業大学の真価

    グローバル情報研究部会メンバーの大西先生が調査した醸造科学科の記事がAERAdot.に掲載されました…
  5. IMG_3337

    2018-7-11

    南米大陸レポート-その①-ボーダー

    wrote by Tai Takehara. それは一本のLINEから始まりました。 去年眼…

Translate

News

  1. 図4
    講演会レポート 6/8/2017 by Toshi Kamazuka 去…
  2. スライド1
    *下記画像をクリックすると、画像が拡大されます。 …
  3. DSC_0121
    10月13日当日、幕張メッセの農業ワールド2016(農業資材、6次化農業、次世代農業Expo)はなか…
  4. アメリカで見直される小規模農場(1)-「行動の時」の背景と意義(2001年発表)-はこちらを✓ …
  5. IMG_2871

    2019/11/20

    SDGsと家族農業
    国連が提唱した17項目からなるSDGs(持続可能な開発目標)は、そのほとんどが東京農業大学の教育目標…
  6. IMG-2039
    2月6日(水)に、世田谷、厚木、オホーツク各キャンパスから選抜された8名が、約1ヶ月間の国際インター…
  7. アメリカ家族農業の歴史と今日的意義(1)-「家族農業の運命」を中心に(2011発表)-はこちらを✓ …
  8. アメリカ1
    本年3月にヨーロッパ(パリ、リスボン、マドリッド、ロンドン)の米消費調査を行った。今回は、一般消費者…
  9. トップ完成
    グローバル情報研究部会は、アグリビジネスに関係したグローバル情報を収集、分析し、それを会員の間で共有…
ページ上部へ戻る